マツエクの施術には美容師免許の資格が必要!取得方法は?養成スクールとは?

マツエクの施術者「アイリスト」は、多くの女性から人気を集める職業の1つ。実は、美容師免許が必要なのはご存知でしたか?また、アイリストの養成スクールや通信講座では、マツエクの認定資格もあります。今回は、マツエクの施術に関する必要な資格について、ご紹介します!

マツエクの施術に資格は必要?

マツエク施術中の女性

国家資格の美容師免許が必須

「まつげケアのプロフェッショナル」として活躍する「アイリスト」は、まつげパーマやマツエクの施術など、さまざまな目元のケアをおこないます。

現在、マツエクの施術をするアイリストになるには、美容師免許の取得が必要となります。

もともと、マツエクの施術は資格が必要ありませんでしたが、無資格でも施術ができることから、さまざまなトラブルが発生しました。

その問題を受けて厚生労働省は、2008(平成20)年3月7日「まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について」を通達し、マツエクの施術には美容師免許が必須となったのです(※1)。

マツエク施術に必要な美容師国家資格の取り方は?

多くのクエスチョンマークと女性

マツエクの施術者、アイリストになりたい人は、まず美容師免許の資格を取得しましょう。

美容師免許の資格取得には、厚生労働省が指定する美容学校に進学・修了し、そのあと美容師国家試験を受験することができます。そして、無事に国家試験に合格したら、美容師免許が交付されます。

美容師免許は、美容専門学校の昼間制・夜間制・通信制のいずれかの通学(通信)スタイルから取得が可能となり、最短でも2年は掛かります。

自分の生活スタイルに合った方法で学び方を選び、美容師免許の取得を目指しましょう。

昼間制美容専門学校

月曜~金曜までの週5日通学して、2年間で美容師免許の資格取得を目指します。美容師としての基礎知識や実技、さらにプラスαの専門知識が学べるなど、美容学校によってさまざま。

学費は約200万円かかりますが、その分、実技スキルが磨けて確かな技術を得ることができます。

夜間制美容専門学校

その名の通り、夜の時間に授業を受けて、2年間で美容師免許の取得を目指します。日中働いている社会人や、4年制大学に通学している人は、こちらの方法での資格取得が多いかもしれません。

働きながら、あるいは、ダブルスクールで美容師免許の資格取得を目指すため、体力面がきつくなることもあるでしょう。

学費は昼間制の美容専門学校とほぼ変わらない、もしくは少し安いなど、美容専門学校によって異なります。

通信制美容専門学校

基本的に学校に通わずテキストを中心に学び、3年間で美容師免許の資格を目指します。

実際に学校へ行くのは「スクーリング」と呼ばれる一定期間だけで、その期間中に学科と実技を学びます。

仕事の関係で毎日の通学が難しい人、学費面で不安がある人におすすめです。学費は、昼間制美容専門学校の約3分の1と、リーズナブルな価格となります。

美容国家資格の取得後、マツエクの資格を取得するのもおすすめ

電球マーク

マツエクの資格とは?

美容師免許の資格を取得していれば、マツエクの施術は可能です。

しかし、美容師免許の取得を最終目的とする美容専門学校では、アイリストになるための授業をあまり扱っていません。

そのため、美容専門学校に通いながら、または卒業後にアイリストの養成スクールに通う人、もしくは通信講座で学習する人が多いようです。

現在、アイリストの専門学校はありません。より高い技術力を求めるのであれば、マツエクの養成スクールに通ったり、通信講座を受けたりして、自分に合ったコースを受講するのがよいでしょう。

もちろん、わざわざマツエクの養成スクールに通わなくても、マツエクサロンで研修を受けてレベルアップしていくことも可能です。

民間の資格が取得できる?

アイリストの養成スクールや通信講座によって、受講コース修了後に修了証明書(ディプロマ)がもらえたり、認定試験に合格すると資格が取得できたりします。

下記協会では、自分の力量を試せるアイリストの技能検定試験をおこなっています。代表格とされる民間の認定資格なので、取得しておくと役に立つかもしれません。

  • 日本アイリスト協会(JEA):まつ毛エクステンション技能検定試験
  • 日本まつげエクステンション協会(JLA):アイデザイナー技能検定試験
  • NEA日本まつげエクステ協会:プロアイリスト検定
  • 日本まつげ美容協会(JEBA):2級検定試験

各協会によって検定試験の検定級や検定内容は異なるので、自分の学びたいスクール・講座を選び、学んでいきましょう。

マツエクの資格の取り方は?

クエスチョンマーク ?

1.スクール・学校に通う

直接、講師の人からマツエクの施術方法を学べるのが一番のメリットでしょう。

マツエク技術者の養成スクールは、「初心者コース」「マツエクマスターコース」「マツエクサロン開業コース」の主に3コースに分かれます。

最近では美容師免許がない人でも、国家資格とアイリスト認定資格の両方の資格取得を目指すコースを設けたスクールもあるそうです。

受講コースの設定時間は、10時間~60時間と幅が広く、それぞれのコース内容に合わせた時間となります。受講費用は1時間1万円前後です。

2.通信講座で取得を目指す

「自宅でマツエクの勉強をしたい」「できるだけリーズナブルな価格に抑えたい」という人は、通信講座でマツエクの資格の取得を目指すのがおすすめです。

多くのマツエク通信講座では、テキストやDVD、さらにエクステやグルーなどの必要な道具がセットになっています。

ライフスタイルに合わせて、自分のペースで学べる点が最大のメリットでしょう。

なお、通信講座で有名なユーキャンには、マツエクの講座はありませんので注意してください。

3.独学で資格を目指す

マツエク協会によって、公式ブックを販売しているので、独学で資格を目指す人は、そちらを活用しましょう。

すでにマツエクサロンで施術をしていて、スキルアップのために資格を取得した人におすすめです。

マツエクサロンの開業に資格は必要?

マツエク

マツエク施術者を目指す養成スクールでは、マツエクの知識や実技を学んでいくだけではなく、サロンの開業を目指すコースもあります。

どこかのサロンで働くのではなく、自らマツエクサロンを開業する人も多いようです。

マツエクサロンを開業するにあたり、美容師免許の資格、そして保健所の許可が必要となります。

保健所に書類提出をしたり、実地調査を受けたりと、「美容所」の開設手続きをおこなわなければいけません(※2)。

美容所開設に必要な書類や基準は、各自治体によって異なる場合があります。事前に、マツエクサロンの開業をおこなう地域の保健所のHPを確認しておきましょう。

セルフマツエクに資格は必要?

ツイザーでマツエクを挟み自分で付けようとしている様子

マツエクを施術するには、美容師免許の資格が必要となりますが、自分のまつげにエクステをおこなう「セルフマツエク」には、資格が必要ありません。

「マツエクサロンへ行く時間がない」「マツエクの施術価格を抑えたい」などの人は、セルフマツエクをおこなうようです。

セルフマツエクは、通販サイトで専用キットとして販売されており、気軽に購入することができます。

※関連記事
セルフマツエクとは?リスクはあるの?キットは簡単?やり方も紹介!

マツエクの施術には、まず美容師免許の資格を取ろう!

マツエク施術中の女性

マツエク施術をおこなうアイリストになるためには、まず美容師免許の資格が必須となります。

昼間制・夜間制・通信制、いずれかの美容専門学校に通い、美容師免許の取得を目指しましょう。

無事、美容師免許の資格を取得したあとは、マツエクの養成スクールに通う方法がおすすめです。

国家資格ではありませんが、マツエクの各種民間資格を取ることで、マツエクに関する知識や技術を身に付けることができます。

アイリストは今、人気の職業。まず美容師免許の資格を取得して、その後、技術力の高いアイリストを目指していきましょう!

※1 参考文献:厚生労働省 まつ毛エクステンションによる危害防止の徹底について
※2 参考文献:東京都福祉保健局 美容所の開設に関する基準等について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする