ちふれのクレンジングはマツエク中も使える?ブランドの特徴は?

ドラッグストアでよく見かけるプチプラブランド「ちふれ」。無香料・無着色を特徴としていますが、ちふれのクレンジングは、マツエク中でも使用できるのでしょうか?今回は、ちふれのブランド特徴と、マツエク中のクレンジングの使用についてご説明します!

ちふれとは?

ちふれホールディングス株式会社 取り扱いブランド ちふれ
出典:www.chifuregrp.co.jp

「ちふれ」は、化粧品や乳液のスキンケア商品から、基礎化粧品、メイク用品まで展開されているブランド。ドラッグストアで購入できる手軽さが人気です。

また、無香料・無着色の品質にこだわりつつ、全商品1,000円以下で購入できるプチプラ価格も、幅広い世代から支持されている理由のひとつです。

では、ちふれにはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴1.無香料・無着色

今では当たり前となっている「無香料」「無着色」ですが、ちふれはその2つを以前から強いこだわりとしています。

また、ちふれでは原料の選定段階からこだわり、誰しもが安心して使える化粧品を目指して、今日も研究や改良を続けています。

ちふれは、時代に合わせて使用感や機能性は高めても、肌に必要なければ配合しない強い想いを抱いているのです。

特徴2.プチプラ価格

ちふれは、誰しもが手に取りやすく、さらに使い続けられる価格を定めています。

「つくりやすさ」よりも「使いやすさ」、「外見」よりも「中身」、「販売価格」よりも「購入価格」の意識を大切にしているのです。

口コミやSNSでも「極力シンプルにしたパッケージやフォルムが、洗練されていておしゃれ!」と、人気。

特徴3.細かな情報提示

ちふれの安全性と品質、さらに自分に合った化粧品を知るため、全成分・分量・配合目的を公開しています。また、容器には製造年月日と、製造回数が表示されています。

ちふれの細かな情報提示は、国の法令で全成分の表示が定められた2001年よりも、ずっと前から開示しています。

特徴4.業界の先駆け「詰め替え」用品

価格を抑えられる詰め替え用品。今では当たり前となっていますが、実はちふれが先駆け。

1974年のオイルショックによる影響で、当時としては画期的な詰め替えタイプを発売したのが、きっかけのようです。

「限りある資源の中、品質と価格を維持したい」という想いのもと、現在でも多くのちふれの商品で、詰め替え用が展開されています。

ちふれのクレンジングの種類は?マツエクOK?

さまざまなクレンジングボトル

ちふれのクレンジング一覧

現在、ちふれのクレンジングは計5種類。それぞれ使用感や使い方が異なります。

1.クレンジングオイル

ちふれ クレンジングオイル
出典:www.chifure.co.jp

●容量:220ml
●詰替:あり
●税込価格:756円(本体)/648円(詰替用)

オイルタイプのクレンジングは、しっかりメイク派におすすめです。落としにくいマスカラにも素早くなじみ、肌にヌルつきやベタつきを残さず、すっきり落とします。

濡れた手・顔にも使用できる便利さ。ノンアルコール。

ちふれ クレンジングオイルの口コミ

-「値段も安く安全そうだから、という理由で購入しましたが、結果的に良かったです!毛穴の黒ずみもないですし、荒れず、ニキビもできないので私には合っていました。」

-「トロっとしたオイルらしいテクスチャで伸ばしやすく、メイク落としや体の日焼け止め落としとして使用しました。お湯で流すときもすぐ乳化して、使いやすかったです。顔のベースメイクについては、よくなじみ落ちもよいですが、洗い上がり後の乾燥もよく感じました。」

2.クレンジングリキッド

ちふれ クレンジングリキッド
出典:www.chifure.co.jp

●容量:200ml
●詰替:あり
●税込価格:756円(本体)/648円(詰替用)

できるだけ肌への負担を減らしたい人は、ダブル洗顔不要のクレンジングリキッドがおすすめ。洗い上がりはつっぱらず、さっぱりとした使い心地が特徴です。

濡れた手や顔への使用もOK。洗顔の手間を省きたい時短派にもおすすめですよ。使いやすいポンプ式。

ちふれ クレンジングリキッドの口コミ

-「リキッドファンデーションもマスカラも、しっかり落ちます。テクスチャは少し重ためです。洗い流した後は、ヌルつくこともつっぱる感じもなく良いです。匂いも特にしません。」

-「液体はサラッとしていて使用感がよく、3プッシュほどですぐにメイクとなじみます。何よりキレがいいです!水でサッとすぐ流れてくれる点が、とても気に入っています。洗い上がりはさっぱりしています。」

3.クレンジングジェル

ちふれ クレンジングジェル
出典:www.chifure.co.jp

●容量:100g
●詰替:なし
●税込価格:540円(本体)

なめらかな感触が特徴的なクレンジングジェル。しっかりメイクにも素早くなじみます。

指先の感触が軽くなり、さらにメイクとなじませてから、ぬるま湯で落としましょう。

こちらのクレンジングには、詰め替え用はありません。

ちふれ クレンジングジェルの口コミ

-「少し硬めだなと思いました。メイクの落ちはほどほど。マスカラは少し残りました。」

-「評価は分かれているようですが、私はとても気に入りました!確かにテクスチャが硬く、伸ばしにくいのですが、洗い流した後のさっぱり感は格別です。手のひらに広げて、体温で少し温めてから顔に塗ると、ある程度は伸びにくさをカバーしますよ。」

4.パーフェクト メーク クレンジング

ちふれ パーフェクトメーククレンジング
出典:www.chifure.co.jp

●容量:120g
●詰替:なし
●税込価格:864円(本体)

毛穴汚れに悩んでいる人は、こちらのクレンジングがおすすめです。しっかりメイクを落としつつ、肌はしっとり。

ジェル状からオイル状へと変化し、やさしい感触ですっきりオフ。手や顔を濡らさずに使用してください。

こちらのクレンジングも詰め替え用はありません。

ちふれ パーフェクト メーク クレンジングの口コミ

-「メイクとなじむとふわっと軽くなるので、流すタイミングが分かりやすいです。余計な負担を肌にかけずに済みます。」

-「手に取るとクリーム状ですが、肌ののせてなじませていくとオイル状に変化し、スルスルと軽くなります。ウォータープルーフのマスカラも涙袋に色移りせず、洗い上がりは割とさっぱりしていて好きです。」

5.ウォッシャブル コールド クリーム

ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム
出典:www.chifure.co.jp

●容量:300g
●詰替:あり
●税込価格:702円(本体)/605円(詰替用)

SNSでも話題の人気クレンジング。メイクとなじみやすく、落としにくい汚れもしっかり落とします。

マッサージクリームとしてもおすすめ。顔の中心から外側へ、やさしくマッサージをしてください。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリームの口コミ

-「しっかりメイクが落ちて乾燥も全くせず、しっとりした洗い心地でお気に入りです。最初はクリームですが、顔に付けてマッサージをしていると徐々にオイルになります。ぬるま湯でちゃんと乳化してから洗い流すと、もちもちでぷるんとした肌になります。」

-「オイル化、乳化をきちんとおこなうと時間がかかりますが、肌はモチモチになるので、その手間は惜しみません!サッと落としたい人には不向きですね。クレンジングにも、マッサージにも使えて、おまけに安いのでリピートしています。売り切れしている場合が多いので、詰め替え用を発見したらストック用に購入しています。」

ちふれのクレンジングはマツエクOK?

では、ちふれのクレンジングは、マツエク中でも使用できるのでしょうか?

ちふれに問い合わせたところ「クレンジングは全て、マツエクの使用についての確認をしていないため、使用はおすすめしていない」とのことでした。

公式HPにも「マツエク対応」「マツエクOK」の記載はありません。

マツエクをつけている人は、ちふれのクレンジングを避けるのがよいでしょう。

マツエク中、ちふれのクレンジングを使いたい場合は?

クエスチョンマーク ?

問い合わせの回答や、公式HPにも記載がされていないことから、マツエク中はちふれのクレンジングの使用を避けるのがおすすめです。

しかし「ちふれのクレンジングが使いやすい」「ちふれのクレンジングが肌質に合う」などの場合、マツエクをつけている目元以外のメイク落としとして、ちふれのクレンジングを使用してください。

ちふれのクレンジングを使用する前は、ポイントメイクリムーバーで目元のメイクを落とすことをおすすめします。

※関連記事
マツエク中のアイメイクに!ポイントメイクリムーバーおすすめ5選

マツエク中はちふれのクレンジングの使用を避けよう

髪の長い横顔の女性

ドラッグストアやバラエティショップで気軽に購入できる、プチプラブランドのちふれ。

無香料・無着色と気になる配合成分を使用していない点は安心ですが、マツエク中の使用は避けるのがよいでしょう。

もし、マツエク中でもちふれのクレンジングを使用する場合は、自己責任となりますので注意してください。

できればマツエクをつけたあとは、マツエクに対応したクレンジングを使用するのがおすすめです。

当サイトでは、マツエクに対応しているクレンジングを紹介していますので、ぜひご参照ください。

※関連記事
マツエクOKのクレンジングおすすめ15選!長持ちさせる洗顔方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする