マツエクはコーティング剤で長持ちさせよう!口コミで人気のおすすめ7選

マツエクをしている人は、コーティングもしっかりおこなっていますか?コーティング剤を塗ると、マツエクの接着部分が保護されるので長持ちし、きれいな状態をキープできます。今回は、マツエクコーティングの必要性や口コミで人気のおすすめ商品、さらに選び方や使い方までご紹介します!

マツエクのコーティングとは?

まつげが長い女性の目元アップ

マツエクのコーティングとは、自まつげとマツエクの装着部分をコーティング剤で保護すること。

マツエクにコーティング剤を塗布すると保護膜がつくられ、水分や油分などを弾き、マツエクの持続力がアップします。

コーティング剤は「コーティングブラシの形状」「色」「粘度(テクスチャー)」「配合成分」が異なります。

マツエクのコーティング剤は、サロンで購入することもできますし、ドラッグストアやショッピング通販サイトでも購入が可能です。

マツエクをしている人にとって、コーティング剤はマストアイテムですよ。

マツエクにコーティング剤は必要?メリットは?

手鏡を持ちマスカラをしている女性

コーティング剤が付けられていないマツエクは、負荷が直接掛かりやすく、せっかく付けたマツエクの抜ける原因につながってしまいます。

一般的にマツエクの持ちは、3~4週間と言われていますが、コーティング剤を塗ると、プラス1週間程度長持ちするようです。

自身のケアによってマツエクの持ちが長くなるのなら、一度試してみる価値はありそうですね。

水分・油分を弾く

マツエクの専用接着剤「グルー」は汗や油分に弱く、コーティング剤を塗っていない接着面は、むき出し状態。メイクのオイル成分や皮脂と触れて、マツエクが早く抜けてしまうかもしれません。

コーティング剤を塗ることで、接着面に保護膜がつくられて、水分や油分を弾いてくれます。

摩擦によるダメージの軽減

無意識のうちに目元を触れていたり、寝ている間に布団や枕で擦れたりして、マツエクに摩擦が起こると、ダメージが強く加わりマツエクが早く抜ける原因となります。コーティング剤でマツエクを保護し、直接掛かるダメージを軽減しましょう。

バラつきを整え、見栄えがよくなる

マツエクは施術日から時間が経つと、多方向に向いて不格好になりがち。コーティング剤を使用することで、施術したときのように、きれいな方向に伸びたマツエクを保ってくれますよ。

また、マツエク1本1本にツヤ、ボリュームが出るので、メイクをしているときだけではなく、すっぴん状態のときでも印象に残る目元を演出してくれますよ。

長持ちするのでコスパがよくなる

コーティング剤を上手に使用すると、平均的な3~4週間から、プラス1週間~10日間ほど長持ちするそうです。

マツエクが長持ちすると、リペア(付け替え)周期が伸びて、リムーブ(全オフ)の頻度も減るので、マツエクに掛かるお金と時間を節約できますよ。

マツエクのコーティングは、サロンで塗ってもらえる?

クエスチョンマークで作られクエスチョンマーク

マツエクのコーティングは、サロンで塗ってもらうことも可能です。

施術したマツエクメニューに含まれていたり、別途オプションとなっていたりと、マツエクサロンによってさまざま。

コーティング込みのマツエクメニューではなく、別料金が必要な場合は、コスト面を考えて自宅ケアがおすすめですよ。

しかし最近では、コーティングのクーポンを配布しているマツエクサロンもあるようです。

マツエクのコーティング剤は、サロンやドラッグストア・薬局、さらに通販サイトで購入が可能です。

マツエクを長持ちさせるためにも、自分でしっかりコーティングケアをおこないましょう。

マツエクのコーティング剤の選び方

横に置かれたマスカラ

さまざまな種類のマツエクのコーティング剤が販売されています。自分が使いやすいコーティング剤を選び、マツエクケアをおこないましょう。

コーティング剤の形状

マツエクのコーティング剤の形状は「ブラシタイプ」「筆タイプ」があります。それぞれの形状の特徴を理解し、自分が使いやすいコーティング剤の形状を選んでください。

ブラシタイプ

ブラシタイプのコーティング剤は、マスカラと同じように根本から毛先に向かって塗布するだけ、と使い方が簡単。メイク前や、コーティング剤を初めて使う人におすすめの形状です。

しかし、ブラシの細さによって、自まつげとマツエクの接着面にうまく塗れない可能性があります。細かい部分もしっかり塗れるのか、購入前に確認しておきましょう。

筆タイプ

マツエクサロンでも頻繁に使用されている形状。自まつげとマツエクの接着部分をピンポイントに塗れますよ。

筆タイプのコーティング剤は、適量を取るのが難しく、液だれやダマになる可能性があります。コーティング剤初心者や、手先が不器用な人には難しいかもしれません。

コーティング剤の色

マツエクのコーティング剤の色は、無色透明(クリア)タイプと、黒色(ブラック)タイプの2種類。最初は、無色透明タイプのコーティング剤がおすすめです。

無色透明タイプ

無色透明タイプのコーティング剤は、もし失敗してもカバーしやすく、初めてコーティング剤を使う人におすすめです。また、ナチュラルな仕上がりとなるので、マツエクの本数が多い人、長さや太さのあるマツエクを付けている人におすすめです。

黒色タイプ

マスカラのようなボリュームやツヤ感を、マツエクに出したい人におすすめ。インパクトのある目元を演出できますよ。しかし、黒色タイプのコーティング剤は、失敗するとダマになったり不自然さが目立ったりするので、ある程度慣れてから使用するのがよいかもしれません。

コーティング剤の粘度(テクスチャー)

マツエクのコーティング剤は、高粘度と低粘度にも分かれます。ボリューム感のあるマツエクを楽しみたい人は、高粘度のコーティング剤がおすすめ。

マツエクを付けたばかりのような、フサフサ感を楽しみたい人は、低粘度のコーティング剤がおすすめです。

高粘度

粘度の高いコーティング剤は、マスカラを付けているようなボリューム感が出るのが特徴。しかし、ダマになったり、マツエク同士が付着しやすかったりします。高粘度のコーティング剤を使うときは、まつげ用コームと併せて使用しましょう。

低粘度

粘度の低いコーティング剤は、マツエク施術後のフサフサ感が楽しめます。自然な目元を演出したい人や、コーティング剤初心者、ナチュラルメイク派の人におすすめですよ。

コーティング剤の成分

波を打っている美容成分のイメージ

美容成分配合のマツエクのコーティング剤と、水や汗を弾くコート成分が多く配合されたマツエクコーティング剤があります。

美容成分配合タイプ

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、マツエクのコーティング剤に美容液成分が配合されていると、まつげに栄養補給ができて、まつげ美容液としての使用も可能となります。

マツエクのケアとお手入れが一緒にできるので便利ですが、水や汗を弾くコート成分は、やや低めとなっています。

コート成分タイプ

水分や油分(皮脂)をよく弾いてくれる、コート成分タイプのコーティング剤。夏場のアウトドアや、プール、温泉など、顔に水が触れる機会が多い人におすすめです。

一度マツエクに塗布すると、比較的効果も長持ちする商品が多いので、コーティングの頻度を減らしたい人にもおすすめ。

マツエクのコーティング剤と美容液の違いとは?

多くのクエスチョンマークと女性

コーティング剤と美容液の違いは、配合成分です。

マツエクのコーティング剤は、マツエクの接着面に保護膜をつくり、水分や油分を弾きます。主に、撥水効果が高い傾向です。

一方、美容液はまつげを強くして抜けるのを防いだり、自まつげの育毛効果をしたりします。美容液は撥水効果よりも、美容成分が多く含まれています。

マツエクのコーティング剤にも、美容成分が含まれている商品もあります。

マツエク中の人は、コーティング剤と美容液をどちらも使用して、目元のケアをおこなうのがおすすめです。

※関連記事
マツエクがもっと長持ち!市販のまつげ美容液おすすめ7選

マツエクのコーティング剤おすすめ6選!口コミも紹介

1.ヒルコス アイラッシュレボリューション

ヒルコス アイラッシュレボリューション
出典:www.amazon.co.jp

●使い方:マスカラ代わり/美容液代わり/マスカラ下地
●容量:11ml
●種類:黒色
●参考価格:1,815円

口コミ評価が高いマツエクのコーティング剤です。シリコンや界面活性剤が使われていません。

ヒアルロン酸などの保湿成分も配合されており、美容液代わりとしての使用も可能。

従来品よりも毛先にカーブがつき、グッと塗りやすくなりました。マスカラと同じように塗ってください。

こだわりの漆黒コーティング剤で、目元のボリュームアップが狙えます。

口コミ

-「滲まない、パンダ目にならない、目元がパッチリする、の3拍子が揃っています。酷暑の中、汗をかいても全く滲みません。」

-「マツエクして時間が経つと、マツエクがバラバラになっていましたが、こちらのコーティング剤を塗ると向きがすぐに戻り、まとまりました。」

2.HAMAZAKI(はまざき) ファンキーアイ

はまざき ファンキーアイ
出典:http://www.matuge.jp

●使い方:1日1回
●容量:約9.2g
●種類:黒色
●税込価格:1,296円

植物性コラーゲン、シルクエキス、セラミドなどを配合し、保湿をしてハリとツヤを与えます。

高密度微粒子のシルクコーティングがマツエクの接着面を保護し、長持ちさせましょう。

黒色タイプのコーティング剤。マスカラ代わりとして使用すれば、パッチリとした目元が演出されます。

口コミ

-「ずっと使っています。コーティングができて、メイクの仕上げに使うとアイシャドウや粉が飛び、うっすら白くなったマツエクも黒々と復活します。」

-「マツエクを付けて、毛先が多方向に向き始めたら使っています。ツヤも出て毛流れもよくなります。」

3.HAMAZAKI(ハマザキ) 超微粒子皮膜エクステコーティング

ハマザキ 超微粒子皮膜エクステコーティング
出典:http://www.matuge.jp

●使い方:週1回
●容量:5.5ml
●種類:ブラシ
●参考価格:1,296円

「毎日コーティング剤を塗るのは面倒!」という人は、こちらのコーティング剤がおすすめ。

高密度の超微粒子により、コート力が長持ちします。撥水効果にも優れており、湿度や湿気にも強いです。

口コミ

-「カラーマツエクを付けているので、クリアなコーティング剤を探していました。繊細な筆タイプで目にも沁みず、使いやすいです。」

-「かなりよくてリピートしたいくらいです。白くならなくて肌が弱いのですが、特に反応も出なかったので自分に合っていたようです。」

4.IOVV(アイオーヴ) ラッシュコーティング

IOVV ラッシュコーティング
出典:www.amazon.co.jp

●使い方:朝/夜
●容量:10ml
●種類:筆/マスカラ
●参考価格:1,230円

「アイオーヴ」のマツエクコーティング剤は、サロンでも使われています。

自まつげに栄養を与える美容液成分配合。ダメージケアも同時におこなえますね。

筆タイプとブラシタイプ。使いやすいタイプを選んでください。

口コミ

-「液体自体はサラサラしていて最初は不安でしたが、3日ほど経つとマツエクが抜けていないことに気が付きました。こちらを塗ると断然長持ちします。」

-「久しぶりにマツエクを付けて、少しでも長持ちしてほしかったので、購入しました。マスカラのようなブラシタイプを選びましたが、塗りやすいです。」

5.MAGICLASH 強力撥水コート剤 MAX2

MAGICLASH 強力撥水コート剤 MAX2 筆タイプ
出典:www.rakuten.co.jp

●使い方:週1回
●容量:10ml
●種類:筆/ブラシ
●税込価格:2,052円

楽天で連日1位を獲得している人気のマツエクコーティング剤です。

薄い保護膜を張ることで水分の侵入を防ぎ、マツエクを守ります。まつげに光沢も与えてくれますよ。

筆タイプとブラシタイプから選べるので、自分が使いやすいブラシタイプを選んでくださいね。

口コミ

-「付けた翌日から撥水効果がすごいです!洗顔後も目をパッチリ開けられました。これでマツエクも長持ちするかも…と期待大です。」

-「想像以上の効果で、シャワーなどでエクステが塗れても撥水しています!というのが分かります。エクステの持ちで悩んでいる人におすすめします。」

6.アルム by.ビューテールアー ラッシュコーティングエッセンス

アルム by.ビューテールアー ラッシュコーティングエッセンス
出典:www.aoyiro.com

●使い方:1日2~3回
●容量:10ml
●種類:筆/ブラシ
●税込価格:1,361円

マツエクの商材などを販売しているので、安心感がありますよね。楽天などで購入が可能です。

美容成分配合。高い保湿効果と保護が期待できますよ。筆タイプとブラシタイプから選べます。

口コミ

-「マツエクサロンのアイリストさんに勧められて、こちらのコーティング剤を購入しました。ひと塗りでエクステの持ちが格段によくなりました。」

-「筆タイプを購入しましたが、丁寧に塗ることができます。今までマツエクの持ちが悪く、すぐに取れて左右のバランスが悪くなり、サロンへ通うという繰り返しでしたが、本当に持ちがよくなりました。」

市販で購入できる!マツエクのコーティング剤おすすめ商品

マツエクのコーティング剤は、サロンで購入するイメージを持つ人もいるでしょう。最近では、ドラッグストアで販売されているコーティング剤もあるので、手軽に購入ができますよ。

1.MYSALON(マイサロン) マツエクコートダブル

マイサロン マツエクコートダブル
出典:www.amazon.co.jp

●使い方:朝/晩
●容量:5ml
●税込価格:1,620円

マツエクの持ちがよくなる!と口コミでも大人気「マイサロン」のマツエクコーティング剤。

コラーゲンやヒアルロン酸など、美容液成分がたっぷり配合されていて、まつげケアにもおすすめ。

さらに、無着色、無香料、無鉱物油と、敏感肌でも安心して使える優しさ。

ドラッグストアで購入できる点も、人気ポイントのようです。

口コミ

-「すごくいいです。とにかく持ちがよくなり、バラバラになってきたマツエクを瞬時に揃えてくれる感じです。あっという間に固まってしまうので、付け過ぎには注意が必要です。」

-「使用しているうちに自まつげが元気になり、マスカラのコートとしても使ってます。リピート使用です。」

マツエクのコーティング剤の使い方は?

大きく書かれた太めのクエスチョンマーク

サロンでコーティングをしてもらうのではなく、自分でコーティング剤を塗布するときの正しい使い方をマスターしましょう!マツエクがしっかり乾いた状態でコーティングをするのがポイントですよ。

  1. 洗顔をして、まつげに残った汚れや皮脂を洗い落とす
  2. まつげ用コームでまつげの流れを整える
  3. 顔から30cm程度離れたところから、ドライヤーの冷風を当てて水分を飛ばす
  4. まつげ美容液を使用する場合、このタイミングで塗布する
  5. 再度、ドライヤーで乾かす
  6. コーティング剤を出し、容器のフチでよくしごく
  7. 目を閉じ、まつげの生え際部分にコーティング剤を塗布する
  8. コーティング剤が乾いたら目を半開きにし、まつげの裏側からも塗布する
  9. マツエクにツヤを出したい場合、毛先まで塗る
  10. 軽くマツエクをとかし、余計なコーティング剤を取る

※コーティング剤の形状や商品によって、使い方が異なる場合もあります。購入したコーティング剤の使用方法に従って、丁寧にケアをおこないましょう。

朝、マツエクに塗ったコーティング剤の落とし方

コットンを使いアイメイクを落とそうとしている真っ赤な口紅が印象的な女性 クレンジング

朝の洗顔後にマツエクに塗ったコーティング剤を、夜に落とすときの方法をご紹介します。1日2回使用のコーティング剤の場合は、夜の入浴後にも使用してください。

オイルフリークレンジングを使う

マツエクのグルーはオイルに弱い性質なので、オイルクレンジングを使用すると、劣化が早まり、マツエクも早く抜けてしまいます。そのため、クレンジングは必ずオイルフリーを選びましょう。

アイホールのメイクをコットンで落とす

まぶたを擦らないように、オイルフリーのクレンジングを充分コットンに浸して、縦にスライドさせてアイホールのメイクを落とします。このとき、できるだけコットンがマツエクに触れないようにしてください。コットンの繊維がマツエクに引っ掛かってしまうと、マツエクが折れたり取れたりする原因となります。

綿棒を使いアイラインを落とす

目のキワに入れたアイラインは落としにくく、無理やり擦るとマツエクが取れやすくなってしまいます。そのため、オイルフリーのクレンジングを綿棒に付けて、アイラインを落としましょう。マツエクに触れないよう、慎重に目頭から目尻に向かって落とすのがポイントです。

※関連記事
マツエクOKのクレンジングおすすめ15選!長持ちさせる洗顔方法

マツエクにコーティング剤をして魅力的な目元を演出しよう

まつげがきれいな女性の目元

マツエクをコーティングすると、持ちがよくなるだけではなく、見栄えもよくなります。

せっかく付けたマツエクが2週間足らずで抜けてしまったら、もったいないですよね。

クレンジングや洗顔、日々の生活でマツエクにできるだけ触れないようにして、コーティング剤で保護膜をつくり、魅力的な目元を演出しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする