マツエクの毛質の種類と特徴まとめ!なりたいイメージ別デザインは?

マツエクをつけてみようと考えたことのある人なら、「シルク」や「ミンク」などの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は、マツエクには毛質の種類があり、それぞれに特徴が違います。マツエクの毛質の種類によって、目元の印象もかなり変わるのです。

また、マツエクには、「カール」や「3D」など、デザインごとの違いもあります。今回は、マツエクの種類やデザインの違いと特徴をご紹介します!

マツエクの毛質にはどんな違いがある?

マツエク

マツエクをつけると、すっぴん状態でも目元がぱっちりと印象的になるので、時短のためにつけてみたいと考える人も多いでしょう。

しかし、いざサロンで「マツエクをオーダーしよう!」と思ったときに、どの毛質を選んでいいか分からず、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

まずは、マツエクの毛質の種類から知識を深めていきましょう。

マツエクの素材は基本的に「ナイロン」のみ

マツエクの素材は、すべてナイロンでできています。毛質の種類として「シルク」や「ミンク」、「セーブル」などの名前がついていますが、マツエク自体がそれらの素材でできているわけではありません。

あくまでも、質感の違いに基づいた「あだ名」のようなものです。マツエクは、毛質の種類によって仕上がりに違いが生まれるので、理想の目元を作るためには、毛質の種類を覚えておくと便利です。

シルクマツエク

マツエクの種類を選ぶとき、安さを重視したい時におすすめなのが「シルク」です。

シルクはもっともリーズナブルな種類なので、たいていのマツエクサロンで取り扱いがあります。

はじめてエクステに挑戦する人や、ランニングコストが気になる人には、シルクがおすすめです。

ミンクマツエク

イタチ科の哺乳類であるミンクの毛皮は、コートなどに使われている素材です。そんなミンクの名前を冠した「ミンク」のマツエクは、ほどよい柔らかさで、シルクよりも長持ちします。

価格はシルクよりもおおよそ500円ほど高く設定されているのが一般的です。

セーブルマツエク

最高級マツエクと言われているのが、「セーブル」のマツエクです。サロンによっては、「プラチナセーブル」という名前でも紹介されています。

柔らかさも持続力も3種類の中ではトップ。

価格は、シルクに比べておおよそ2000円、ミンクに比べて約2000円ほど高いことが一般的です。

マツエクの毛質と仕上がりの特徴

女性の目元

マツエクの種類が分かると、次は「自分にはどんなマツエクが合っているんだろう?」ということが気になりますよね。

ここからは、マツエクの種類ごとの仕上がりの特徴をご紹介していきます。

毛質の特徴を踏まえた上で、「マツエクをつけていないような自然な仕上がりに」「とにかく安く」など、自分の希望に合うマツエクを検討してくださいね。

シルクマツエク

シルクマツエクは、太めでツヤのある毛質が特徴です。そのため、つけたときにはごわつきが気になるかもしれませんが、ぱっちりとした目力のある仕上がりになります。

ツヤ感の効果で、華やかなイメージの目元を実現したいときにもぴったりの種類です。つけまつげのような仕上がりが欲しい人にはおすすめです。

持続期間は3週間くらいが一般的です。

ミンクマツエク

しなやかな質感のミンクマツエク。自まつげにしっかり密着してなじみがいいため、自然な仕上がりを目指す人に人気の高い毛質ですです。

派手なメイクだと浮いてしまうような職場の人におすすめです。

密着性の高さから、持続期間も約4週間程度と長めになります。

柔らかい質感なので、つけ心地もよく、目元の不快感を感じづらい点もポイント。コスパのよさが魅力と言えるでしょう。

セーブルマツエク

高級感のあるセーブルマツエクは、軽さと柔らかさが特徴です。

非常に繊細な毛質で、みとれてしまうようなまつ毛美人に。人工毛特有のツヤ感もないため、自まつげが伸びたような仕上がりがほしい人におすすめです。

本数を抑えれば、周りにばれず自然なボリュームアップも目指せます。マツエク歴の長い人から支持の高い種類です。

番外:カラーマツエク

毛質とは異なりますが、一般的なマツエクとは少し違った個性を出したい人におすすめなのが「カラーマツエク」。

その名の通り、人工毛に色がついているマツエクのことです。

レッドやブルー、グリーン、イエロー、パープル、ピンク、白など、色の種類も豊富。好みの色を複数ミックスしたり、グラデーションにしたり、目元だけにつけてワンポイントにすることもできます。

※関連記事
カラーマツエクとは?人気色&肌色別おすすめカラーを紹介!

デザインの種類

片目マツエク

マツエクの毛質を縦軸とするなら、横軸となるのがデザインです。

エクステのカールや長さ、マツエクをつける際の技法によって、仕上がりにも大きな違いが生まれます。

カール

マツエクをつけた目元の印象を大きく変えるのが、カールの種類です。

カールが控えめなものから強いものの順に、Iカール、Jカール、Cカール、Dカールといった種類があります。

カールが控えめなマツエクならナチュラルに、カールが強いほど華やかな仕上がりになるため、目指したいイメージに沿って、好みのカールをオーダーしましょう。

本数の種類

マツエクでは、「両方で○本」というように本数の目安を決めてオーダーするのが基本です。

マツエクの毛質と本数によって、値段も変わります。目頭から目尻まで、均等につける場合には、60~100本程のマツエクが必要です。

ナチュラルな仕上がりなら80本程度、ぱっちりとした華やかな目元にしたい時は120本程度が目安です。サロンによっても違いますが、最大で200本前後まで増やすことができます。

太さの種類

マツエクの太さは、0.1mmから0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mmというように分類されています。

自然な印象を実現するためには、なるべく細い種類を選ぶといいでしょう。

太い種類は華やかな印象になりますが、つけすぎるととれやすくなってしまうため、本数とのバランスも見ながら決定してください。

長さの種類

マツエクの長さには、おおむね9㎜~15㎜程度までの種類があります。

短いほど自然に目元に馴染み、長くなるほど「マツエクをしている」ということが一目で分かりやすくなります。

違和感のない仕上がりにしたいなら、自まつげと同じくらいか、やや長い程度の長さにするといいでしょう。

技法

自まつげ1本に対し人工毛1本をつけていく従来の方法とは違い、自まつげ1本に対し3本(=3D)をつけるマツエクを、「3Dマツエク」と呼びます。

3Dマツエクに使用するエクステは、従来品よりも細く、3Dマツエク8本で従来のマツエク1本分の細さ、とも言われています。

よりボリューム感のある、立体的な仕上がりになることから、人工的な印象を抑えつつ華やかな目元にしたい人に人気です。

仕上がりのイメージ別!おすすめマツエクデザイン

頬に手を当てる女性

種類ごとの特徴が分かってきたら、今度は仕上がりのイメージにも注目してみましょう。

マツエクの毛質やデザインの組み合わせ次第で、顔全体の印象が大きく変わります。

普段、どんなメイクやファッションをしているかを踏まえた上で、カールや長さにも注目しながら似合うデザインを探しましょう。

ナチュラル系の目元をつくるマツエクオーダー

ナチュラル系の目元を実現したいときは、自まつげに馴染みやすいミンクマツエクや、自然な付け心地のセーブルマツエクを選びましょう。

本数が多すぎるとどうしても目立ってしまうので、多くても100本ほどを目安にしてください。

カールや長さも抑え目なものを選ぶことで、より自然な仕上がりになります。

クール系の目元をつくるマツエクオーダー

クールな切れ長の目元を実現したいときには、ツヤと固さのあるシルクマツエクや、しなやかな質感のミンクマツエクがおすすめです。

両目で120本~150本ほどが目安になるでしょう。

カールが抑え目なBカールやJカールで、細く(約0.1mm)長い種類のマツエクをオーダーするのがおすすめです。

目尻に向かって長さをだすことで、横長のシャープな目元を作ることができます。

キュート系の目元をつくるマツエクオーダー

キュート系が好きな人なら、しっかりとしたカールで目元をぱっちり見せてくれるCカールを選びましょう。

ツヤが強いと派手になりすぎてしまうため、素材の種類はナチュラルなミンクマツエクがおすすめです。

本数は120~140本ほど、太さは0.15mm程度を目安に、黒目の上だけ長くするとぱっちりとしたイメージになります。

セクシー系の目元をつくるマツエクオーダー

セクシーな雰囲気を演出したいときには、長さやツヤのあるマツエクを選びましょう。

種類はシルクやミンクで、本数は120~150本ほど、太さは0.1mm程度がおすすめです。

カール感の強い、Cカールのマツエクを目尻を中心にのせることで、大人の女性にもぴったりなセクシーな目元を実現できます。

ゴージャス系の目元をつくるマツエクオーダー

パーティーに行くときや、普段からしっかりしたメイクをする人は、カールの強いCCカールやDカールの、ゴージャスなデザインを選びましょう。

太め(0.2mm程度)のマツエクを150本~180本つければ、かなり華やかな印象になります。

セーブルマツエクなら、たくさんつけても目立ちすぎません。立体感の出る3Dマツエクもおすすめです。

ドーリー系の目元をつくるマツエクオーダー

ボリュームを出しながらも、派手すぎずかわいい雰囲気を出したいときには、目の輪郭に合わせて長さのあるマツエクをのせていくのがおすすめです。

カール感が持続しやすいシルクマツエクで、CカールやDカールのマツエクをつければ、お人形のようなぱっちりとした目元を長く楽しめます。

髪色と合わせて、ブラウンやゴールドのカラーマツエクをつけてもいいですね。

人と違ったマツエクが好みなら?

より個性的で、周りの人とは違う種類のマツエクを楽しみたいときには、カラーマツエクを使いましょう。

ピンクのマツエクならキュートな雰囲気に、ブルーのマツエクならクールな印象に……と、マツエクの色と種類が変わることで、一気に印象が変わります。

季節によって違う色を選ぶのも楽しいですね。着物にも意外と似合うので、成人式や卒業式などに試してみるのもいいかもしれません。

マツエクの種類を理解して、自分に合ったマツエクを見つけよう

ウインクする女性

一口にマツエクと言っても、素材、デザイン、カール感、長さなど、種類はさまざま。組み合わせによって、まったく違う印象になります。

まずは基礎知識を身につけ、自分にはどんな種類のマツエクが合っているか考えるところからはじめましょう。

そして、思わず自慢したくなる理想の目元を手に入れてくださいね!

※関連記事
マツエクOKのクレンジングおすすめ12選!長持ちさせる洗顔方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする